大阪市 谷町9丁目駅下車すぐ 高山診療所は、「親切で明るい」をモットーに心身両面にわたるきめ細やかな医療を目指します。

医療法人 大峯会 高山診療所

大阪市中央区谷町9丁目3−11 東谷町ビル2階
Tel 06-6764-0515

院内機関紙〜ピアチェーレ

2017年12月号
ホームページ抜粋版

【発行】
ピアチェーレ編集部



〜 大晦日 定めなき世の 定めかな 〜



 江戸時代の元禄文化を代表する井原西鶴(いはらさいかく)。
 西鶴は、浮世草子「好色一代男(こうしょくいちだいおとこ)」で一躍有名になり、
それまでの読み物とは異なり、「浮世草子」というジャンルを確立しました。
 西鶴が小説家として活躍し出したのは40歳を過ぎてからで、それまでは俳人と
して有名でした。俳句の数を競う会では、なんと23,500句を飲まず食わずで、
4秒に1句の速さで詠んだというエピソードも残されています。

  大晦日 定めなき世の 定めかな

 これは西鶴が詠んだ12月の俳句です。
 「決まりもなくなってきている世の中だけど、大晦日は毎年決まった日にやってくる」
という意味です。自分が思っていた通りにはいかず、本当に色々なことが起きた
一年だったかも知れませんが、大晦日だけはいつも決まってやってきます。
 一年の終わりの日ですが、始まりの一日でもあるような気がします。

 今年も一年、本当にお世話になりました。
 いつもピアチェーレを手に取っていただき、感謝でいっぱいです。
 来年も皆様と共に、実りある一年になることを願いつつ。


〜 今月の特集は「デイケアだより」です 〜