大阪市 谷町9丁目駅下車徒歩7分 高山メディカルクリニックは、「親切で明るい」をモットーに心身両面にわたるきめ細やかな医療を目指します。

医療法人 大峯会 高山メディカルクリニック

大阪市中央区瓦屋町3-4-8
Tel 06-6767-3901

院内機関紙

2018年6月号
ホームページ抜粋版

【発行】
ピアチェーレ編集部


〜 雨の中で咲き誇る美しさ 紫陽花 〜



 6月になり今年もあっという間に半年が過ぎようとしています。
 さて、雨に濡れてひときわ鮮やかに青色がさえる紫陽花(あじさい)は、桜とともに
日本を代表する花といえます。梅雨時の、重く雲がたれこめた天気が続く中で、
生き生きと咲く紫陽花に心奪われた経験はありませんか?
 紫陽花には別の名もたくさんあり、多彩な色の変化から、七変化(しちへんげ)や
八仙花(はっせんか)、丸く集まった姿から手毬花(てまりばな)などと呼ばれています。

  『紫陽花や 帷子時(かたびらとき)の 薄浅黄(うすあさぎ)』

 上の句は江戸時代の俳人、松尾芭蕉の一句です。帷子とは夏用の衣を指し、
「紫陽花が咲き、今年も帷子を着る季節がやってきた。ちょうど紫陽花も帷子も
同じ薄浅黄色をしている」という意味の俳句です。江戸時代にも、現代と同じように
人々が梅雨から初夏の訪れを、花や衣服を通じ日々感じていたことを、私たちに
教えてくれています。

 空模様と同様に、気持ちも体調もなかなかスッキリしない日々が続きますが、
ふと周りを見渡せば、優しい気持ちや元気をくれるもので溢れています。
 私たちも皆さまにとってその一員でいられるよう、努めてまいります。


〜 今月の特集は「食中毒について」です 〜